Rマンションリノベーション1 Rマンションリノベーション2 Rマンションリノベーション3 Rマンションリノベーション4 Rマンションリノベーション5
STYLE
SERVICE&FLOW
PROPERTY INFORMATION
   CONTACT
   COMPANY
RENOVATION STUDIO
HOME
HOME -> STYLE アイランドキッチンから窓のそとまでまっすぐつながる広がるLDK。たてに入ったスリットが、シンプルな 室内に収納空間を作り出します。 見晴らしがよくさえぎるものがありません。
細い床板を部屋中に敷き詰め、天井も同じ素材でパネリング。光がやわらかく反射していきます。
落ち着いた木目の床板は、障子との相性が抜群です。廊下はさながら、現代の縁側です。 あくまで色合いは、やわらかく。無骨になりがちな打ちっ放し風の天井も、仕上げ次第でこんなにやさしく仕上がります。 見せる収納、隠す収納を並べました。床の高低で空間を分けます。 白いうちっぱなしの天井は、素材感がある仕上がりに。やわらかな無垢の床板は、ブルートーンのキッチンによく合います。 視覚的に空間を区切っています。扇の入り口は、ドアではなくカーテンで。秘密の入り口のようなアクセントのある意匠です。 異なる質感の木材をバランスをとりながら使用。素材感は暗くても、やさしい間接照明の明かりによって、重くなりすぎません。 洗いざらしのようなブルーグレーの素材感が主張するリビング。 白いタイルに青いタイル。ラフだけれどまとまった空間に。 ブルーのカウンターキッチン。タイルの貼り方や、収納棚のパネリングなど細部にこだわっています。 マリンテイストのライト。壁の半分までのパネリングが、空間を包み込みます。 天井から降りる照明の光が、味のある色合いの小あがりを引き立たせます。さながら現代の和室のように、懐かしさを覚える空間が、明るいリビングに共存しています。 キッチン側からの眺めです。壁際には一面に収納だなを作りました。SOHOを意識した部屋づくりのため、リビングのこの部分は、応接スペースとしての利用を見据えて空間を作っています。 LDKのドアとキッチンの間にルーバーを設け、空間を区切りながらも光や風を通し、目線をうまく隠すような設計にいたしました。 間取りをいかしつつ、縦横に広がる空間に。天井のレッドシダーを、つながる部屋の梁(はり)にも取り入れ、視覚的に連続させ広く大きな空間を作りました。 丁寧に貼り合わされた天井の天然無垢材とダウンライトでマリンショップのような空間に仕上げました。 対面キッチンが開放感を持たせてくれる設計にしました。 キッチンのタイルがヘリンボーン貼りのスパイスになり、大人なヴィンテージ感をかもし出している。 土間を中心に設計したアメリカンガレージスタイル。 自転車やアウトドアのメンテナンスなど、趣味を思う存分楽しむ事ができるLDK。 ハードなテイストを盛り込んだ。
土屋ホーム不動産Rマンション事業課 土屋ホールディングス 不動産情報サイト 個人情報について リノベーションスタジオ 会社案内