Rマンションリノベーション1 Rマンションリノベーション2 Rマンションリノベーション3 Rマンションリノベーション4 Rマンションリノベーション5
STYLE
SERVICE&FLOW
PROPERTY INFORMATION
   CONTACT
   COMPANY
RENOVATION STUDIO
HOME
HOME -> STYLE ヴィンテージ感のある雰囲気を醸し出すために、全体的に落ち着いた色味を用いました。 斜めに立てられた間仕切りの壁は、LDKを広く見せるための仕掛けになっています。 ネイビーとホワイトの組み合わせは、シンプルで洗練された印象。キッチンのレンガ調タイルが目を引きます。 タテ・ヨコに伸びる柱。LDKのキッチンエリアとリビングエリアを、視覚的に仕切っているような感覚です。 リビングを別の角度から。生活感を0にするだけがリノベではありません。長い時間を過ごすからこそ、ラフに生活感を隠しすぎず落ちつける空間に仕上げています。 床は木目のはっきりとした炭ナラ材をふんだんに。棚やドアにいたるまで色味を統一し、落ち着きのある渋さを醸し出しています。ちらっと見える黄色がアクセント。 居室部分に段差を設け、高さによって空間を区切ります。キッチン部分。ベットルーム部分を限られたスペースで実現。 視覚的に空間を区切っています。扇の入り口は、ドアではなくカーテンで。秘密の入り口のようなアクセントのある意匠です。 異なる質感の木材をバランスをとりながら使用。素材感は暗くても、やさしい間接照明の明かりによって、重くなりすぎません。 キッチンのレンガタイルが目を引きます。手前の左下、廊下の奥、小さな穴がポッカリと。ネコとともに住まう空間です。 アイランドキッチンから窓のそとまでまっすぐつながる広がるLDK。たてに入ったスリットが、シンプルな 室内に収納空間を作り出します。 天井のパネリングと、床板は同素材で。やわらかく光が反射します。 床から壁の立ち上がりを同じ素材を用いて、ひと続きに繋がるようにしました。 明るい色の木材に、優しい光の間接照明を加え、面と線で効率的に演出させています。 中央長机は、10人掛け。前方にはスクリーンを設置し、セミナー会場にもなる仕様です。 麦わら色やピンクがかった色、赤褐色など色相が豊富な美しいレッドシダーを壁から天井までラッピングすることで、高級感あふれる空間に仕立てました。 無垢材をはじめとした自然素材をふんだんに用い、ローコストに見えない仕掛けを沢山用いたリノベーション。
土屋ホーム不動産Rマンション事業課 土屋ホールディングス 不動産情報サイト 個人情報について リノベーションスタジオ 会社案内